カウンター販売のバイトをする際の注意点とは

そもそもカウンター販売とは

カウンター越しに物品を販売するバイトがあります。主に食品を取り扱うお店に多いといえ、お菓子や惣菜などで行われる販売手法です。カウンター越しに接客をすることになりますので、お客さんとの距離は一線を画すことになります。基本的にカウンター内から出ることはなく、中から販促のためのポップを出したり声を上げたりします。そしてお客さんの要望を聞き、品物を包装して会計をすることになりますが、ここまでが主な業務の流れといえます。

迅速な動きが求められる

カウンター内はあまり広さはなく、ほんの数歩内にすべての動きが簡潔することになります。スタッフ内で役割分担をしていることもあり、それぞれの役割をこなすことで全体の業務を円滑に進めます。スタッフの数やお店の規模によって個人プレーかチームプレーか変わってきますし、混雑をする時間によってもそれが変化する場合もあります。バイトをする環境によってカウンター内の動作というのは変わってきますが、いずれにしろ迅速な動きが求められるのです。

声を上げることの重要性

販促のために声を上げることは非常に重要です。商品の紹介やタイムセールの案内であったりとその内容は様々ではありますが、受身な姿勢ではなかなか売れない場合もありますし、駅ビルやデパ地下などでは周辺に他のお店がたくさんひしめいていることもあるので、その中で目立たなければならないためです。人がたくさん通るからといって売れるだろうという考えでは難しく、人がたくさんいるからこそ声を大きく張り上げ、自分のお店の存在に気が付いてもらわなければならないのです。

ドコモの求人は増えていると思います。なかでもドコモのみならず、携帯ショップの求人自体が増えていると考えられます。