職安の求人のヒミツについて知っておこう!

仕事を探す場合求人が多いほうがいいですね!

仕事を探す場合には求人が多くあるところに探しに行くのが一番いいですね。選択の幅も広まりますし、何より仕事が見つけやすくなりますからね。仕事を探すのであれば業者の出しているアルバイトや就職雑誌とその系列のインターネットのサイトで探す人と、職安で探す人がいますね。どちらがいいのか好みに寄りますが、職安で探す人は割と年配の人が多い傾向があります。業者の出している雑誌やインターネットのサイトは若い人が多い傾向にあります。

職安に多い空求人とは

職安の求人を見ているとたくさんの求人が掲示板に貼られているのですが、その中から自分に合った求人を係の人のところに持って行き、その業者に電話をかけてもらいます。その中で電話をしてもいすでに定員になったので申し込むことはできないという求人もありますね。実は、その中には求人をするつもりもないのに求人を出していることが多いのです。車を買うつもりもないのにディーラーへ行くのと似ていますね。そもそもなぜ空求人なんて出すのでしょうか?

空求人を出すのは大人の事情である

空求人を出すのは職安から企業に仕事を紹介してくださいと言われたときに、今のところ誰も募集していないし紹介できないと思っていても、それが長いこと続くと職安との付き合いにひびが入ることがあるのです。つまり、いざ募集したいというときに普段から付き合いのある企業の紹介を中心に行い、付き合いのない企業は後回しになってしまう可能性があるのです。そこで、求人をする必要はないけども建前として求人を出しておこうというのが空求人をする理由なのです。いわゆる大人の事情ってやつですね。

ネットワークエンジニアはインターネットの環境を整備してくれたから、私達は毎日パソコンを使ってネットワークを楽しめるのです。